CCC ART LAB

©Daido Moriyama Photo Foundation Courtesy of Akio Nagasawa Gallery

【展覧会】森山大道「THE FOSSILIZATION of LIGHT」

直営店舗 場所:銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUM

森⼭⼤道の個展「THE FOSSILIZATION of LIGHT」を2021年6⽉19⽇(⼟)〜6⽉30⽇(⽔)の期間、中央イベントスペースGINZA ATRIUMにて開催した。

 
森山大道は、前衛的な写真表現の先陣となり、⽩と⿊の⾊調の差が⼤きいハイコントラストの写真や、被写体の輪郭がぼやけていたり、粗かったりする写真は「アレ・ブレ・ボケ」と呼称され、写真界にインパクトを与えた。
銀座 蔦屋書店での森⼭作品の⼤規模な展⽰企画は、昨年の「DAIDO MORIYAMA COLLECTION」に続き2回⽬。
 
今回の展覧会では、森⼭の作品の中でも⼈気の⾼いモチーフによるシルクスクリーン作品を公開。
森⼭は写真家として知られていますが、本⼈は従来からシルクスクリーンによる制作に取り組んでおり、アンディ・ウォーホルからの影響が⼤きいと述べています。

©Daido Moriyama Photo Foundation Courtesy of Akio Nagasawa Gallery
©Daido Moriyama Photo Foundation Courtesy of Akio Nagasawa Gallery
©Daido Moriyama Photo Foundation Courtesy of Akio Nagasawa Gallery
©Daido Moriyama Photo Foundation Courtesy of Akio Nagasawa Gallery

森⼭⼤道 (もりやま だいどう)

1938年⼤阪⽣まれ。写真家・岩宮武⼆、細江英公のアシスタントを経て1964年に独⽴。写真雑誌などで作品を発表し続け、1967年「にっぽん劇場」で⽇本写真批評家協会新⼈賞受賞。1968-70年には写真同⼈誌『プロヴォーク』に参加、ハイコントラストや粗粒⼦画⾯の作⾵は“アレ・ブレ・ボケ”と形容され、写真界に衝撃を与える。
 
ニューヨーク・メトロポリタン美術館やパリ・カルティエ現代美術財団で個展を開催するなど世界的評価も⾼く、2012年にはニューヨークの国際写真センター(ICP)が主催する第28回インフィニティ賞⽣涯功績部⾨を⽇本⼈として初受賞。2012年、ウィリアム・クラインとの⼆⼈展「William Klein + Daido Moriyama」がロンドンのテート・モダンで開催され、2⼈の競演は世界を席巻した。2016年パリ・カルティエ現代美術財団にて2度⽬の個展「DAIDO TOKYO」展を開催。2018年フランス政府より芸術⽂化勲章「シュヴァリエ」が授与された。2019年ハッセルブラッド財団国際写真賞受賞。2020年朝⽇賞受賞。

PICK UP

CONTACT

CCCアートラボでは、各種お問い合わせ内容を受け付けております。