CCC ART LAB

【BIGBOOK】富士山

書籍・プロダクト 企画開発

飽くなき富士への憧憬ー三世代の眼と心で受け継がれる富士の美を堪能。。

風景写真家・森田敏隆と、その長男の將裕、孫の裕貴、椋也まで、家族三世代が撮影した富士の絶景を堪能できる大迫力の写真集。富士に魅せられた敏隆の眼で30年以上にわたり捉えられてきた富士の絶景、東京在住の將裕の都会からの富士、裕貴・椋也の若い感性溢れるみずみずしい富士・・・と、ページをめくるたびに富士という存在の尽きない魅力を堪能できます。

また本書には、ページを閉じてからも富士の自然が持つ色彩の豊かさ・鮮やかさをお楽しみいただけるよう、4人それぞれの作品から1枚を選び、ご購入特典として写真プリント4枚のセットも付属しております。

日本人の心を捉えて離さない富士の魅力を、ぜひお手に取ってご体感ください。

※本書は光村推古書院刊『富士山』(写真―森田敏隆・森田將裕・森田裕貴・森田椋也 B5変 総128頁)から大幅に増頁し、大型本として再編集したものです。

一般販売価格330,000円(税抜)

著者:森田敏隆・將裕・裕貴・椋也

仕様:上製本/ケース入/目録

判型:690mm ×500mm  

頁数:250ページ

言語:日本語・英語

刊行日:2019年12月6日

ISBN 9784866950082

ご購入はこちらから

【森田敏隆(もりた としたか)】

1946年大阪府八尾市に生まれる。
1964年、和歌山県立神島高等学校(旧田辺商業高等学校)を卒業し、地図出版の株式会社和楽路屋に入社、写真部の所属となる。
1975年にフリー写真家として独立、エムオーフォトスを開設し、1990年に株式会社エムオーフォトス代表取締役に就任、現在にいたる。日本の国立公園を撮り続けて50年。
1985年から1986年にかけて毎日新聞社より『日本国立公園』(全4巻)を出版し、高い評価を得る。以来、出版された国立公園関係の写真集は37冊にのぼる。
2008年には北海道洞爺湖サミットで配布された環境省のオフィシャルブック『NATIONAL PARKS of JAPAN』を出版。日本の国立公園を海外に紹介する写真集で、その後改訂を重ね、2013年アジア国立公園会議、2016年伊勢志摩サミットでも各国首脳・外交団へ贈呈されている。
また、もうひとつのライフワークとして日本の桜の撮影も続けており、『一本桜』『一本桜百めぐり』と題した写真集で一本桜のブームを作った。桜の写真集は現在6冊。その他にも日本の自然・文化を題材に精力的に撮影を続け、多くの写真集を発表し続けている。森田將裕は長男、森田裕貴は將裕の長男、森田椋也は將裕の次男である。

所属団体: 日本写真家協会(JPS)会員
ホームページ: http://www.morita-mo.jp/

森田將裕(もりた まさひろ)
1971年大阪府大阪市に生まれる。
1994年関西外国語大学卒業。

森田裕貴(もりた ひろき)
1998年大阪府枚方市に生まれる。
現在 明治大学商学部在学中。

森田椋也(もりた りょうや)
2001年大阪府枚方市に生まれる。
現在 開智高等学校在学中。

※本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです。

PICK UP

CONTACT

CCCアートラボ株式会社では、各種お問い合わせ内容を受け付けております。