CCC ART LAB

書籍『コンテンポラリーアートライティングの技術』

書籍・プロダクト 企画開発

21世紀になり、アートワールドはかつてない盛況の中にある。
それはグローバルな現象にとどまらず、オンラインにおいても拡張しつづけている。
美術館はかつてのような、美術史において価値が定まった展示だけでなく、コンテンポラリーアートの企画を多く打ち出すようになり、
アートが発信する内容は、ファッションや映画などのエンターテイメントと同様の、時代の重要なトレンドを作り出すものになったのだ。

 

またアートフェアは、世界各都市で毎月のように開催され、あらたなスターアーティストとコレクターを次々と生み出している。

その動きにともなって、アートライティングの需要もまた凄まじい勢いで高まっている。

大学の論文、マガジンのコラム、ギャラリーや美術館のプレスリリース、ウェブサイトのblog。編集者だけでなく、投資家やコレクターなど、アートワールドのプレイヤーの増加にともない、「伝わるアートライティング」の需要が急増している。

にもかかわらず、その的確なライティングを指導する本は、一冊もなかった、といっても過言ではない。

著者は、長年にわたりアートライティングを教え、編集してきたギルダ・ウイリアムズ。
世界6か国で翻訳されたベストセラー『HOW TO WRITE ABOUT CONTEMPORARY ART』が日本語訳され、待望の刊行!

実例を挙げながら、書くこととは何か、良くない文例、読者は何を望んでいるのか、などをポイントをおさえて詳細に解説。

監修は、クリエイティブディレクター、京都造形芸術大学教授の後藤繁雄が主宰するGOTO LAB。

アート系ライター、美術系学生、アートについてもっと知りたいあなたへ送る本。

『コンテンポラリーアートライティングの技術』

著|ギルダ・ウィリアムズ
  GOTO LAB(京都造形芸術大学)
体裁|A5 320頁
定価|本体3200円+税
ISBN978-4-8381-0602-8
発行 光村推古書院株式会社 http://www.mitsumura-suiko.co.jp/

PICK UP

CONTACT

CCCアートラボ株式会社では、各種お問い合わせ内容を受け付けております。