CCC ART LAB

台東区の文化芸術広報誌『台東鳥瞰』第4号を制作

プロジェクトプランニング

 

台東区が持つ魅力を鳥瞰し紐解くことを試みる、文化芸術の広報誌『台東鳥瞰』。2020年春に刊行する04号では「台東区で生まれる物語」をテーマとして取り上げ制作いたしました。

多様な人と文化が交差してきた台東区は、これまで様々な物語の舞台として描かれ、語られ、親しまれてきました。それらは文学や映画といった芸術作品のなかだけでなく現実にも文化施設や碑として残り、現在を生きる私たちに痕跡を伝えています。
4号では、台東区に残される物語と、その奥に広がる鮮やかな人間ドラマやささやかなエピソードが歴史の流れのなかでどのように変遷してきたかを探ります。

美術出版社では地域資源や地域特性や、地域遺産が⼈に与える影響を表現しながら、地球・社会・人間の豊かさの可能性を探り、それを地域の資産として活かす支援を行ってまいります。

◎『台東鳥瞰』とは
台東区によって年2回発行される文化芸術広報誌。東京2020大会の開催を契機に台東区の文化・芸術の魅力を発信する「たいとう文化発信プログラム」の展開のひとつとして、文化芸術の視点から台東区の魅力を紹介しています。
『台東鳥瞰』という名前は、台東区全域を鳥瞰の視点で提示することを意図して命名されました。23区最小面積の区でありながら、上野や浅草という世界に誇る観光地をはじめ、近年注目されている谷中やカチクラ(徒蔵)など区域のすみずみまで魅力溢れるスポットが集積している台東区の文化芸術の魅力をご紹介します。”

PICK UP

CONTACT

CCCアートラボ株式会社では、各種お問い合わせ内容を受け付けております。