CCC ART LAB

【京都岡崎 蔦屋書店】グラフィックを通してテクノロジーと人間の関係を探る、デザイナー・深地宏昌の展示「NATURE/CODE/DRAWING in KYOTO」を8月19日(金)より開催

直営店舗

京都岡崎 蔦屋書店は、Plotter Drawing(プロッタードローイング)という独自の手法を通して新しい表現領域に挑戦するデザイナー、深地宏昌の展示「NATURE/CODE/DRAWING in KYOTO」を8月19日(金)から9月5日(月)の期間に開催いたします。

 

概要

「テクノロジーと人間はどのように付き合っていくべきなのか」を、制作のテーマのひとつとして掲げている深地。
Plotter Drawingを通してデジタルとフィジカルの境界を探り、アナログ表現の奥行きを伝え、機械的な表現と人間的な表現の融合についてもフォーカスしようとしています。

2017年にAからZまでをそれぞれのイメージに合わせた質感で描いた作品「UNCONTROLLED TYPES by Plotter Drawing」は、カンヌライオンズなど海外のアワードで多数受賞、2021年には作品「4D DRAWING」で日本タイポグラフィ年鑑で受賞するなど、Plotter Drawingによって生み出された作品は、これまで国内外で高い評価を得ています。

「NATURE/CODE/DRAWING」と題された本展では、プログラマー・アルゴリズミックデザイナーである堀川淳一郎の協力のもと、7月に渋谷ヒカリエで開催、好評を得た同名の展示の中から10点を厳選して展示します。また、会場にはプロッターを設置、実際に制作の様子を見ることができます。
新たなグラフィック表現を探求する深地の、数々の洗練されたイメージと、それを描き出すPlotter Drawingの表現性をぜひ間近でご覧ください。

特集ページ|https://store.tsite.jp/kyoto-okazaki/event/art/27967-1414250723.html

Plotter Drawing (プロッタードローイング)について

​深地は、プロッターという、ベクターデータを変換・出力する機器でデジタルデータを物理的な動きに変換し、鉛筆、 ボールペン、筆ペン等の筆材で紙上にドローイングをおこなう独自の技法、「Plotter Drawing」を軸に、グラフィック表現の研究を行っています。デジタルデータの緻密な線情報が、さまざまな描画材によって紙に描かれることで、摩擦や重力、湿度や気圧などの物理的要因が作用して、「にじみ」や「かすれ」などの偶発的表現が生まれるPlotter Drawing。人の手で描いたものとも機械的なデジタルプリントとも違う、緻密でありながら暖かみのある筆致が特徴です。
 

 

本展に寄せて

水の波紋や地面のひび割れ、木々の年輪や山脈の連なり。自然が生み出す美しい形状や現象は、一見複雑で再現性のないように見えますが、その仕組みをよく観察すると何かしらの規則性があり、実はシンプルなルールの組み合わせであることが多くあります。そして、それらを数理的に読み解くことで、プログラミングによって人工的に再現することが可能になります。

本展示では、自然界のあらゆる形を意図的に再現し、グラフィックに落とし込む新しい表現領域に挑戦。プログラマー・アルゴリズミックデザイナーの堀川淳一郎氏が開発した「自然アルゴリズムによる3次元プログラム」で創り出した自然現象を、「Plotter Drawing(プロッタードローイング)」で物質的な強さと重さのあるフィジカルの世界へ変換。デジタルとリアルの間に生じる偶発的な美しさを集積した作品群を発表します。

自然物の再現には、アルゴリズミック・デザインの手法を用いており、自然物の有機的な形状をアルゴリズムと呼ばれる数理的な手順を利用することで、あらゆる形や現象を創り出しています。また、数値を可変させたり、新たなルールを追加することで、そのアウトプットはアルゴリズムの制御下でありながら、有機性を持ち、ときに生物の成長のような思わぬ形を私たちに見せてくれます。

自然界の「ロジック」と「カオス」、「デジタル」と「フィジカル」、そして「機械」と「人間」。本展示の試みは、これらは必ずしも正反対の存在ではなく、共生的で交差し合うものだと言うことを示唆しています。
膨大な種類の自然アルゴリズムのリサーチと、ドローイングの実験の積み重ねを融合した作品群をぜひご覧ください。

深地宏昌
 

プロフィール

深地宏昌(ふかじ・ひろまさ)

デザイナー/グラフィック・リサーチャー(視覚表現研究者)。1990年大阪府生まれ。
京都工芸繊維大学大学院デザイン学専攻修了。学生時代にデザインの方法論や理論を学ぶなかで「作品の構造的な面白さ」を重要視するようになり、同時に伝統工芸に取り組む職人の仕事に触れることで「視覚的な美しさ」を表現することの重要性も意識するように。そうした右脳的な学びと左脳的な学びの両方を同時期にインプットした経験が、深地のものづくりへの純粋な想い、プロのこだわりを大切にする現在の姿勢につながっている。

「プロッター(ベクターデータを変換・出力する機器)」を用いてデジタルとリアルの境界に生じる偶発的表現をつくり出す手法「Plotter Drawing(プロッタードローイング)」を軸に新しいグラフィック表現の研究を行う。
カンヌライオンズ、ザ・ワン・ショー、ニューヨークTDC賞、D&ADアワードなど受賞多数。
代表的な展示として「UNCONTROLLED TYPES by Plotter Drawing」(2017・渋谷ヒカリエ8、共催:SHA inc.)、「ドローイングで紙を視る」(2019・Book&Design)、「4D DRAWING」(2021・TIERS GALLERY/Page Gallery、共催:堂園翔矢)などがある。
 

販売情報

展示作品は、店頭・オンラインにて、2022年8月19日(金)10:00より販売。

オンラインでは「OIL by 美術手帖」にて販売いたします。
OIL by 美術手帖 https://oil.bijutsutecho.com/gallery/1022
※作品はプレセールスの状況により、会期開始前に販売が終了することがあります。

左からLiquid algorithm、Peptide algorithm、Ripple algorithm、Mountain algorithm左からLiquid algorithm、Peptide algorithm、Ripple algorithm、Mountain algorithm

 

展示詳細

深地宏昌 展示「NATURE/CODE/DRAWING in KYOTO」

期間|2022年08月19日(金)~9月5日(月)
会場|京都岡崎 蔦屋書店  GALLERY EN ウォール
主催|京都岡崎 蔦屋書店
お問い合わせ|075-754-0008(営業時間内)
※終了日は変更になる場合があります。

特集ページ|https://store.tsite.jp/kyoto-okazaki/event/art/27967-1414250723.html
 

PICK UP

CONTACT

CCCアートラボでは、各種お問い合わせ内容を受け付けております。