CCC ART LAB

Fountain,h.1570 w.2570 d.1030 mm,mixed media,2022,Courtesy of SCAI THE BATHHOUSE,Photo:Sandwich

【銀座 蔦屋書店】5周年企画として、彫刻家名和晃平による個展「Fountain」を4月16日(土)より開催。

直営店舗

銀座 蔦屋書店(東京都中央区 GINZASIX 6F)は、5周年記念企画として、彫刻家名和晃平による個展「Fountain」を4月16日(土)から4月30日(土)の期間に店内中央イベントスペースGINZA ATRIUMにて開催します。

・概要

この度、銀座 蔦屋書店では5周年記念企画として店内中央イベントスペースGINZA ATRIUMにて、彫刻家名和晃平による個展「Fountain」を2022年4月16日(土)~2022年4月30日(土)の期間に開催いたします。

素材のフォルムに有機的なイメージを交差させ、鑑賞者の視触覚を刺激する新しい彫刻の在り方を打ち出してきた名和晃平。本展は、名和と振付家ダミアン・ジャレによるパフォーマンス作品《VESSEL》《Mist》《Planet [wanderer]》の書籍刊行を記念して行われ、同作品をモチーフとした平面作品のほか、アーティスト活動の最初期からのドローイングをシルクスクリーンによる版画にした「Esquisse」、彫刻「Fountain」など、未公開品を含む多数の作品を展示。名和の現在にいたる思考の広がりと、平面、彫刻、パフォーマンスへと領域を横断する作品同士のつながりが感じられる構成となります。

展覧会開催を記念して、新作マルチプル作品の付いた限定特装版作品集の販売も行います。特装版の作品は展覧会会場にて展示いたします。展覧会、書籍合わせてぜひご高覧ください。

特集ページ|https://store.tsite.jp/ginza/blog/art/25600-1724040324.html

・特装版作品集について

特装版作品集は、展覧会会期終了後にアートのオンラインマーケットプレイス「OIL by 美術手帖」にてエントリーを受け付けます。詳細は4月30日(土)より公開いたします。

【新作マルチプル作品 Orbit】
Orbitは、パリでスキャンされた「Planet」のダンサーの3Dデータから制作された作品。
仮想のランドスケープ上にダンサーのポーズを配置してディスプレイに映し出し、カメラで撮影したイメージをアルミ板に刻印しています。

【作品集概要】
世界的に活躍する振付家/ダンサーのダミアン・ジャレが、名和晃平の協業により創作された、同名パフォーマンス三部作の作品集となります。もともと日本文化に深い関心を寄せていたジャレが、2013年のあいちトリエンナーレで名和の立体作品「Foam」に共鳴し、二人のコラボレーションは始まりました。2016年に日本で初演を迎えた「VESSEL」、映像作家ラヒ・レズヴァニによる美しい映像作品として発表された「Mist」、2021年にコロナ禍を経ての上演で絶賛された「Planet [wanderer]」。三部作にわたる新たなパフォーマンスの魅力をあますところなく、大判ページにて収録。ジャレ、名和のインタビュー、三作品それぞれの作品評など、作品世界を読み解く読み物も充実しています。

【書誌情報】
『ダミアン・ジャレ | 名和晃平 VESSEL / Mist / Planet [wanderer]』

発行|カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社
発売|美術出版社
定価|11,000円(税込)
仕様|B4判変型/168ページ
ISBN|誤:978-4-568-20281-6→正:978-4-568-10544-5
(※4月8日に配信したプレスリリース内のISBNコードが間違っておりました。正しくは978-4-568-10544-5となります。お詫びして訂正いたします。)
一般発売日|2022年5月2日(月)
先行販売日|銀座 蔦屋書店 2022年4月16日(土)

※作品集本体は限定特装版分・一般発売分で共通のものになります。

・アーティストプロフィール

名和晃平 彫刻家/Sandwich Inc.代表/京都芸術大学教授
1975年生まれ。京都を拠点に活動。2003年京都市立芸術大学大学院美術研究科博士課程彫刻専攻修了。2009年「Sandwich」を創設。
名和は、感覚に接続するインターフェイスとして、彫刻の「表皮」に着目し、セル(細胞・粒)という概念を機軸として、2002年に情報化時代を象徴する「PixCell」を発表。生命と宇宙、感性とテクノロジーの関係をテーマに、重力で描くペインティング「Direction」やシリコーンオイルが空間に降り注ぐ「Force」、液面に現れる泡とグリッドの「Biomatrix」、そして泡そのものが巨大なボリュームに成長する「Foam」など、彫刻の定義を柔軟に解釈し、鑑賞者に素材の物性がひらかれてくるような知覚体験を生み出してきた。近年では、アートパビリオン「洸庭」など、建築のプロジェクトも手がける。2015年以降、ベルギーの振付家/ダンサーのダミアン・ジャレとの協働によるパフォーマンス作品「VESSEL」を国内外で公演中。2018年にフランス・ルーヴル美術館 ピラミッド内にて彫刻作品“Throne”を特別展示。

・展覧会詳細

名和晃平「Fountain」

会期|2022年4月16日(土)~5月8日(日)
時間|11:00~20:00
会場|銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUM(イベントスペース)
入場|無料
主催|銀座 蔦屋書店
協力|Sandwich Inc./合同会社DMM.com
お問い合わせ|03-3575-7755(営業時間内)/info.ginza@ccc.co.jp

特集ページ|https://store.tsite.jp/ginza/blog/art/25600-1724040324.html

【名和晃平「Fountain」会期延長のおしらせ】
変更前:4/16(土)~4/30(土)
変更後:4/16(土)~5/8(日)

PICK UP

CONTACT

CCCアートラボでは、各種お問い合わせ内容を受け付けております。