CCC ART LAB

【OIL by 美術手帖】対談を通してアーティストの核心に触れる。新企画「DIALOGUE for ART」を2022年2月よりスタート

直営店舗

アートのオンラインマーケットプレイス「OIL by 美術手帖」は、2022年2月よりアーティストによる対談連載「DIALOGUE for ART」をスタートします。登場する2名の作家が制作する作品は、ウェブ版美術手帖での対談記事の公開とあわせてOIL by 美術手帖(https://oil.bijutsutecho.com/)にて2月4日20時より販売を開始いたします。

・概要

アートのオンラインマーケットプレイス「OIL by 美術手帖」は、2022年2月からアーティストによる対談連載と、オンラインでの作品販売を行う企画「DIALOGUE for ART」をスタートします。

本企画では、アーティストたちが何を考えながら制作にのぞんでいるのか、何を目指し、悩みながら、どのように作品をつくり上げているのか。作家同士の対談というかたちでクリエイションの核心にアプローチしていきます。

シリーズに登場するアーティストには、美術大学を出て活動を行うひと、美大という道を選ばずに独自で海外に飛躍の場を求めチャレンジするひと、デザイン、クリエイティブといった業種からアーティストを志すひともいます。アーティスト一人ひとりの持つバックグラウンドや制作への思い、葛藤など、アーティスト同士ならではの自由な語らいのなかから、アートの生まれる場所を見つめたいと考えています。

対談記事はウェブ版美術手帖にて掲載し、対談に登場するアーティストの作品は、オンラインマーケットプレイス「OIL by 美術手帖」でご購入いただけます。
アーティストの思いを対談を通して伝えること、彼らの生み出す作品に触れてもらい、コレクションしてもらうことで、アートシーンがさらに活性化していくことに貢献できればと考えています。

特設ページ|https://oil.bijutsutecho.com/special/120

・第1弾 上野裕二郎×suma

左:上野裕二郎、右:suma

第1弾は、沖縄県立芸術大学の先輩と後輩にあたり、大学卒業後、2年差でともに東京藝術大学の大学院に進学したアーティスト・上野裕二郎とsumaによる対談です。

上野は東洋思想の“気”に着目しながら、鳥獣などの生物をモチーフに絵画制作おこなってきた作家。2021年に東京アメリカンクラブや銀座 蔦屋書店での個展などで注目を集めました。sumaは、合板を素材として、「落描き」を彷彿させるポップな作風で、今後の活躍が期待される気鋭の若手作家です。2022年には、東京・表参道「ERIC ROSE」で二人展を開催するなど精力的に活動しています。2人は沖縄県立芸術大学での先輩と後輩にあたり、大学卒業後、東京藝術大学大学院に進学。現在は、2名で埼玉県にアトリエを構えています。常にお互いを意識する距離で制作している彼らが、お互いについて、またそれぞれが見ている未来について語り合います。
​対談記事はウェブ版美術手帖で公開され、「OIL by 美術手帖」で作品をご購入いただけます。

<企画詳細>
OIL by 美術手帖「DIALOGUE for ART 上野裕二郎×suma」

記事公開・作品販売|2022年2月4日(金)〜
企画ページURL|https://oil.bijutsutecho.com/special/120
企画|アートのオンラインマーケットプレイス「OIL by 美術手帖」
お問い合わせ|cs_oil@ccc.co.jp

・第2弾以降の企画予定

第2弾は2月末公開予定、ファッションブランドとのコラボレーションなどアートの枠組みを広げながら活躍しているアーティスト、Rei NakanishiとKotaro Yamadaとの対談と作品販売をおこないます。
第3弾は3月中旬公開予定で、山本捷平と小谷くるみによる対談と作品販売を予定しています。

第4弾以降は後日、OIL by美術手帖サイト、またはOIL by美術手帖 公式SNSなどで告知してまいります。

PICK UP

CONTACT

CCCアートラボでは、各種お問い合わせ内容を受け付けております。