CCC ART LAB

オガワユウキ Early morning shrine 2017

【銀座 蔦屋書店】旅するように日本の魅力を発見。写真家・オガワユウキの新作作品を発表する「いいモノといい旅。」展を12月26日(日)より開催。

直営店舗

銀座 蔦屋書店(東京都 中央区 GINZA SIX 6F)では、「いいモノといい旅。」展を店頭にて開催。写真家・オガワユウキの作品をはじめ、オガワユウキが旅路の中で出逢った伝統工芸品、ファッションブランド「NoirFr」との初のコラボレーション作品を展示・販売いたします。期間は2021年12月26日(日)~2022年1月30日(日)。
 

概要

写真家・オガワユウキが2015年より開始した活動「Travel Force」。
この活動では「美しきものを求め旅は続く」をメインテーマに、写真を中心に伝統工芸品やファッションとのコラボレーションなど、多様な表現方法で発信を続けてきました。
オガワユウキは、「今までに撮影してきた風景写真、伝統工芸品、ファッションなどは全てが違うようで同じであり、心惹かれるのには理由は必要ない。カテゴライズされた今の世の中から乖離した、独自の世界観を表現し続けていきたい」と考えています。

 

今回の展示では、自国日本に焦点を当て、「今だからこそ振り返る旅」をキーワードに、オガワユウキが全国を旅する中で出逢った心惹かれた景色の写真作品をはじめ、伝統工芸品やファッションを織り交ぜながら「美しきもの」を多様な形で表現します。

 

本展にて初公開となる新作11点の写真作品の他、新たな試みとして、ファッションブランド「NoirFr」とのコラボレーション作品「landscarf」を本展のために制作いたしました。
上記プロダクトは、銀座 蔦屋書店限定の展示・販売となります。

 

また、オガワユウキが旅の中で見つけた、全国各地の4名の職人が手がけるプロダクトを特別に販売いたします。
南木曽のろくろ細工で仕上げられたスピーカーや、博多織で作成されたコサージュ、織鶴根付けなどが本展に一堂に会します。
オガワユウキならではの、ただの写真展ではない、観る人の未来の旅を彩り豊かに創造する新しい世界を、この機会にぜひお楽しみください。

 

特設ページ|https://store.tsite.jp/ginza/blog/travel/23964-1013491217.html

アーティスト・プロフィール

オガワユウキ

1986年静岡県生まれ。幼少期から描絵に関心を持ち、10代よりグラフィックデザインと写真を学び始める。
2009年にフリーランスの写真家として独立。都内を中心に雑誌や広告等様々な仕事を経て、2015年に自分の本当の“好き”を発信する『Travel Force』の活動を開始。
ジャンルを問わず国内外を旅する中で出逢った伝統工芸品やファッションブランドの撮影等を通じ、今知るべき古き良き日本の心や、残すべき未来のカタチを、写真を中心に多様方法で発信を続けている。

オガワユウキ作品(全11種) 一部紹介

Life with flowers 2017 370×446×16mm (額装込) 

 

One snowy day 2016 446×370×16mm (額装込)

 

Hakata-ori 2018 401×310×16mm (額装込)

仕様|額装付き(額:黒、桜材、木製)/印刷方法:インクジェットプリント/用紙:ソフトグロスペーパー
エディション|なし
サイン|あり
お届け日程|会期終了後、2月中旬頃のお渡し

オガワユウキ×「NoirFr」コラボレーションアイテム

銀座 蔦屋書店限定アイテム「landscarf」

写真家・オガワユウキが日本を旅する中で撮影した色鮮やかな日本の四季をスカーフにしました。
「洋服を写真の世界で表現し続けた今までから、写真を洋服の世界に落とし込む」という真逆の発想から生まれたコラボレーション。
制作を手がけたのは、ファッションブランド「NoirFr」のデザイナー・益田翔太。オガワユウキの写真作品から、コーディネートを華やかにする5点をセレクト。また、旅を共にできるよう、丈夫なコットンとリネンを素材に選び、さらに、それぞれの作品の鮮やかさを引き出す配分で制作。そのため、それぞれ異なる素材配分となっています。

価格|11,000円(税込)
仕様|全5種
特典|オガワユウキオリジナルポストカード付(非売品)
お届け日程|予定数の上限を達した際には受注生産(ご注文から3週間でお届け)

「NoirFr」
2010 Autumn/Winterよりスタートしたファッションブランド。
デザイナーは益田翔太。1989年長崎県生まれ。ブランドの由来は「Noir Frere」、フランス語で漆黒の兄弟という意味がある。兄弟のように大切な服であってほしいという願いから、ブランド名となった。黒を基調としたデザインを特徴とし、性別にこだわらず人を美しく、格好よく見せる服作りを追求している。Tシャツ以外のアイテムはデザイナー自らデザイン、パターン、縫製を行っており、一点一点丁寧に着る人のことを考えて制作している。

オガワユウキ セレクトプロダクト

カネキン小椋製盆所「回折型スピーカー 音蔵 F-10-S01W」

カネキン小椋製盆所は、長野県の南西部、南木曽町(なぎそまち)の「木地師(きじし)の里」と呼ばれる地域にあります。木地師とは、“ろくろ”を使って皿や鉢といった木工品を作り上げる職人のことを指します。原木選びからはじまり、一つの器を作る工程すべてを手掛けます。ろくろの技法を駆使して生み出されてきた伝統工芸品から、新たな音楽空間を生み出す木製スピーカーまで、現代の暮らしに便利さと豊かさを届ける様々な製品を揃えています。ぜひ直接触れて、その感触をお試しください。木が醸し出すぬくもりは、必ずやあなたの生活に安らぎをもたらします。

価格|198,000円(税込)
サイズ | 直径21cm×長さ40cm
素材|けやき オイル仕上げ
お届け日程|受注生産商品。ご注文後約6か月でのお渡しとなります。

博多織×CDKコサージュ ラナンキュラス

 

2006年設立のコサージュブランド。コサージュ制作に加え、東京コレクション等多くのブランドとのコラボレーションや、アーティストへのリースも行っています。CDKコサージュが手掛けるコサージュは、切り分けた上質なシルクを丹念に染め上げ、組み立てる全ての工程を完全な手作業で行っており、出来上がった作品は、異なる表情を持った、ひとつとして同じものはない、美しい作品となっております。
今回販売する「博多織×CDKコサージュ ラナンキュラス」は画像中央、女性の耳横の作品です。

価格|16,500円(税込)
サイズ|約90×120×40mm
素材|シルク(博多織)・ポリエステル

HAKATA JAPAN「博多織鶴根付け」

 

HAKATA JAPANは、創業1928年の鴛海織物工場が提案する博多発のブランド。2000年ニューヨークでスタートしました。伝統工芸「博多織」は鎌倉時代より780年受け継がれ、帯として発展した技術や意匠は世界に誇れる日本の絹織物です。この価値ある素材を現代のライフスタイルに合わせ、オリジナルのファッションアイテムやインテリアを様々なクリエーターと共にMade in JAPANで提案しています。
また、博多織の代表的な紋様である〈博多献上〉には、厄除け・家内繁栄の意が込められており、この紋様を取り入れたアクセサリーや器なども展開しています。

価格|1,650円(税込)
サイズ |10cm
素材|シルク

販売について

銀座 蔦屋書店 店頭・オンラインストアにて販売

店頭 | 12月26日(日)~1月30日(日)10:30〜22:30
オンラインストア | 12月26日(日)12:00~
https://store.tsite.jp/ginza/blog/travel/23964-1013491217.html

イベント詳細

「いいモノといい旅。」展
期間|2021年12月26日(日)~2022年1月30日(日)
時間|10:30〜22:30
会場|銀座 蔦屋書店 トラベル売り場
主催|銀座 蔦屋書店
お問い合わせ|03-3575-7755(営業時間内) / info.ginza@ccc.co.jp
​特設ページ|https://store.tsite.jp/ginza/blog/travel/23964-1013491217.html

※今後の国・地方自治体から休業要請内容の変更等があった場合、それに準じて本フェアの開催期間なども変更になる可能性がございます。変更がある場合は、銀座 蔦屋書店のHP、公式SNS等にてお知らせいたします。あらかじめご了承ください。

PICK UP

CONTACT

CCCアートラボでは、各種お問い合わせ内容を受け付けております。