CCC ART LAB

【銀座 蔦屋書店】NY拠点、チェコ出身フォトグラファー、マリー・トマノヴァによる写真集『It Was Once My Universe』出版記念イベントを9月30日(金)に開催。

直営店舗

銀座 蔦屋書店(東京都中央区GINZA SIX6F)は、トーキョー発の写真集専門出版社スーパーラボより9月に刊行されるチェコ人フォトグラファー、マリー・トマノヴァによる写真集『It Was Once My Universe』(序文: Lucy Sante)の出版と来日を記念したトークイベントを、9月30日(金)に銀座 蔦屋書店 BOOK EVENT SPACEとオンラインにて同時開催します。

・概要

マリー・トマノヴァは、NYを拠点とするフォトグラファーです。ニューヨークのユースたちに立ちはだかる困難の先にある確かな希望を映し出した初の作品集である『Young American』、前作の『NEW YORK NEW YORK』では、ライアン・マッギンレーやキム・ゴードンによる寄稿なども話題を集めました。
また、ドイツ最大規模のフォトフェスティバル「EMOP Berlin 2020」にて個展「Live for the Weather」を開催するなど、同時代を代表する存在として国内外で大きな注目を集めています。

この度刊行される、新刊作品集『It Was Once My Universe』は、彼女が8年以上ぶりにチェコの南モラヴィアにある家族の農場に帰省した際に撮影した作品集で、時間と空間を隔てた故郷に対する様々な感覚の変化と、世界の再構築をテーマとしています。

今回、本作の出版を記念して銀座 蔦屋書店にて開催するイベントでは、来日中のマリー・トマノヴァとパートナーでもあるトーマス・ビーチデルの二人によるスペシャルなトークを展開します。マリー・トマノヴァ自身の言葉で、その表現についての思考をのぞける内容です。
二人の繰り広げるトークを是非、お楽しみください。

トークイベント参加チケットは、銀座 蔦屋書店WEBサイトにてお申し込み受付中。
お申込み&詳細ページ|https://store.tsite.jp/ginza/event/art/28646-1658550831.html

・イベント詳細

NY拠点、チェコ出身フォトグラファー、マリー・トマノヴァによる写真集『It Was Once My Universe』出版記念イベント
※トーク終了後にサイン会を開催。(オンライン参加の方は後日サイン本を配送いたします)

日時|2022年9月30日(金)19:30~21:00
会場|銀座 蔦屋書店 BOOK EVENT SPACE、オンライン(Zoomによる配信)
会場定員|30名
主催|銀座 蔦屋書店
お問い合わせ|03-3575-7755(営業時間内)/info.ginza@ccc.co.jp
特集ページ|https://store.tsite.jp/ginza/blog/art/28880-1229540913.html

・参加方法

イベントチケット予約・販売サービスにて、以下のいずれかの参加券をご購入ください。

■会場ご来店用参加券
①会場ご来店書籍付き参加券 8,580円 (税込/参加券+書籍付き)
②会場ご来店参加券 1,000円 (税込/参加券のみで書籍はなし)

■オンライン用参加券
③書籍付きオンライン参加券 8,580円 (税込/参加券のみで書籍はなし)
④オンライン参加券 1,000円 (税込み・送料含む / 参加券+書籍付き)
※オンライン参加での書籍のご配送は、イベント終了後日順次ご配送となります。

その他イベントに関する詳細は下記のイベントページにてご確認ください。

お申込み&詳細ページ|https://store.tsite.jp/ginza/event/art/28646-1658550831.html
お申込み締め切り日|2022年9月30日(金)12:00まで

※今後の国・地方自治体から休業要請内容の変更等があった場合、それに準じてイベント内容が変更、中止になる可能性がございます。変更がある場合は、お申込みいただいたお客様宛にご連絡いたしますので、あらかじめご了承ください。

・書籍詳細

今回、収録された写真は、マリー・トマノヴァが8年以上ぶりにチェコの南モラヴィアにある家族の農場に帰省した際の、2018年12月16日から2019年1月5日の間に制作されたものです。これほど長く故郷を離れていたのは、彼女の選択ではなく、苦痛な経験でした。
絵画の修士号を取得した後、2011年に渡米したトマノヴァは、現地で生活する中で感じた居場所のなさを解消する手段として、写真を使うようになりました。この米国滞在中、困難な状況に陥ったとき、彼女は心の中で故郷を追体験し、理想化したため、2018年の冬に実際にチェコに戻ったとき、故郷にいる自分自身に深い混乱と葛藤があることに、何の準備もしていなかったといいます。故郷を離れているこの期間に、彼女は自分が異質な存在になったと感じ、それでも自分は故郷に所属していることを実感します。そして、今度はチェコにいながらニューヨークに対しても、同様の感覚を覚えました。
美術評論家のジョン・バージャーは、”移住することは常に世界の中心を解体することであり、そうして失われた、断片的なものに移行することである”と書いています。 『It Was Once My Universe』は、そうした経験についての作品です。本書は、矛盾した感情や方向感覚の喪失、そして家、家族、記憶、距離、時間についてがテーマとなっています。

写真集『It Was Once My Universe』/マリー・トマノヴァ
出版社|スーパーラボ
仕様|ハードカバー/W23.4 × H27 cm/128p/カラー/ハードカバー
価格|8,580円(税込)
出版社|スーパーラボ
発売日| 2022年9月22日(木)
ISBN|9784908512612

・登壇者プロフィール


Marie Tomanova (マリー・トマノヴァ)
1984年生まれ。旧チェコスロバキアに生まれ、南モラビアの小さな国境の町ミクローフで育つ。
2007年にマサリク大学でスタジオアートのBFAを取得し、2010年にチェコ工科大学美術学部で絵画のMFAを取得。写真、映像、インスタレーションを通して、場所、移動、記憶、アイデンティティ、ジェンダー、コミュニティの問題に取り組んでいる。
現在、ニューヨークを拠点に活動。
2021年、Rencontres d’Arles(フランス)で権威あるルイ・ロデレール ディスカバリーアワードに選ばれる。

Thomas Beachdel(トーマス・ビーチデル)
ニューヨーク市立大学(CUNY)ホストス校の美術・建築史准教授。17世紀から20世紀にかけての景観美学・思想、特に崇高なものに焦点を当てた学術研究を行う。また、キュレーターや講師として、国際的な現代美術の実践に積極的な役割を担っている。アーティスト、バーラ・プラシロヴァとの共著『Circles』(Positif, 2022)は、最近チェコ共和国のプラハで発売される。アーティスト、マリー・トマノヴァとの共著に『Young American』(Paradigm Publishing, 2019)、『New York New York』(Hatje Cantz, 2021)、『It Was Once My Universe』(Super Labo, 2022)などがある。

PICK UP

CONTACT

CCCアートラボでは、各種お問い合わせ内容を受け付けております。