CCC ART LAB

天使とパラダイスシリーズⅠ-Ⅳ, 桜井孝身,1990年代,リネン・油彩

【銀座 蔦屋書店】日本の戦後美術史にドラマティックな足跡を残した桜井孝身と、息子櫻井共和の二人展「九州派をつくったもの、九州派からうまれたもの」を10月8日(土)より開催。

直営店舗

銀座 蔦屋書店(東京都中央区 GINZASIX 6F)は、桜井孝身と息子櫻井共和による二人展「九州派をつくったもの、九州派からうまれたもの」を中央イベントスペースGINZA ATRIUMにて、2022年10月8日(土)から10月19日(水)の期間に開催します。

・概要

このたび銀座 蔦屋書店では、1950年代から福岡を拠点とし⽇本美術の⼤きな潮流をつくった前衛芸術家グループ「九州派」の代表メンバーとして活動したアーティスト桜井孝⾝(1928年〜2016年)と、⽗である孝⾝とともに渡⽶し幼少時から絵筆に囲まれて過ごしアーティストとして活動する息⼦、櫻井共和の⼆⼈展を開催します。

1950年代、⽇本の前衛グループは、コミュニズムが考えていた社会主義的な前衛と20世紀初頭のモダニストが考えていた芸術的前衛とがあり、殆どの前衛グループは芸術の前衛であったのに対し、九州派は社会主義的前衛グループの代表の⼀つでした。その思想的⽀柱であったのが桜井孝⾝です。孝⾝は九州派解散後はアメリカに流れ、ビートニックやヒッピー運動に⾝をおきながら、ハイカルチャーやサブカルチャーの区別なく、⽣きるということが芸術であるという信念の元、⽣活者としての芸術を追い求めました。
共和は、幼少期より絵画の才能に目を付けた九州派の主導者である父に絵画指導を受け、孝身を慕うメンバーたちに囲まれる独特な環境で育ちます。16歳で孝身とともに渡米し、ヒッピー文化を背景に、ビートニクの詩人であるアレン・ギンズバーグとの出会いや、その他の生活体験など、多感な時期に大きな影響を受けながら美術の道へ進み、渡仏を経て帰国後は九州を中心に作品の発表を続けています。

東京では初の二人展となる本展では、孝身による1970年頃からの力強い平面・立体作品と、絵画を分離・純粋化したのちに何層もレイヤーを重ねて描かれた共和の作品を展示します。
歴史的に価値のある作品の数々が並ぶ貴重な展⽰内容となっています。是⾮会場にてご堪能ください。

特集ページ|https://store.tsite.jp/ginza/blog/art/29021-1613290920.html

・販売について

会場にて10月8日(土)11時より販売。
一部の作品はアートのオンラインマーケットプレイス「OIL by 美術手帖」でも10月8日(土)11時より販売開始。
https://oil.bijutsutecho.com/gallery/730

※作品はプレセールスの状況により会期開始前に販売が終了することがあります。

・アーティストプロフィール

桜井孝身(さくらい たかみ)
1928年-2016年 福岡県生まれ。
1957年 芸術の変革と社会の変革を同時に実行しようとする「九州派」を結成。
1957年 西日本美術展(奨励賞)
1965年 渡米(サンフランシスコ)
1970年 2度目の渡米サンフランシスコで、アーティストコンミューン「コンニャク」開始
1972年 サンフランシスコ美術館壁画制作
1973年 芸術はやはりフランスだと渡仏

【主な展覧会/個展】
街頭誌画展『絵と詩による野外展-ペルソナ展』1956年
読売アンデパンダン展出品(東京都美術館/東京) 1957年第9回~1963年第15回
エキスパート(美術評論家・鑑定人)アラン・ナバロ企画展(パリ)/パリ市営特別画廊 1992年

櫻井共和(さくらい ともかず)
1954年福岡県生まれ。父・桜井孝身(前衛美術集団・九州派リーダー)
生まれたときから絵筆に囲まれた生活。
1970年 父と共に渡米。「コンニャク」で共同生活を始める。
1972年 帰国後は、ロックバンドのコンサートポスターや、アルバムジャケット、ロックイベントポスターを制作
1978年 渡仏『Novembre à Vitry 』(「人と風と自転車と」 出品 /フランス・ヴィットリー)
1980年 帰国
1982年 西日本美術展(奨励賞) 東京セントラル美術館油絵大賞展出品
2016年 絵画論「零度」出版

【主な個展】
福岡県文化会館(現:福岡県美術館)1975年
福岡市美術館1981年、1988年
有楽町マリオン・朝日ギャラリー1986年、1987年、1988年

・展覧会詳細

桜井孝身・櫻井共和「九州派をつくったもの、九州派からうまれたもの」

会期|2022年10月8日(土)~10月19日(水)
時間|11:00~20:00 ※最終日のみ、18時閉場
会場|銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUM(イベントスペース)
入場|無料
主催|銀座 蔦屋書店
協力|Gallery MORYTA
お問い合わせ|03-3575-7755(営業時間内)/info.ginza@ccc.co.jp
特集ページ|https://store.tsite.jp/ginza/blog/art/29021-1613290920.html

抽象2022,櫻井共和,ウッドパネル、アクリル絵具

抽象2022,櫻井共和,ウッドパネル、アクリル絵具

PICK UP

CONTACT

CCCアートラボでは、各種お問い合わせ内容を受け付けております。