CCC ART LAB

Yasutomo Ota «Book Para-Site 4—Chair 1» 2020

【銀座 蔦屋書店】アートと本が融合したブックアートの世界。日本を代表するブックアーティスト・太田泰友の新作個展「太田泰友の標本室」を4月1日(金)から開催。

直営店舗

・概要

銀座 蔦屋書店は5周年を記念して、メディアとしての本のあり方が大きく変化している現在―「物質」としての本が辿り着く一つの未来を提案する展示企画として、テキストや印刷、製本など本がもつ様々な要素から、本をアート作品として紡ぐ「ブックアート」を実践する日本を代表するアーティスト・太田泰友の新作個展を開催いたします。

太田泰友は、美術作品としての本の歴史が脈々と受け継がれるドイツで、ブックアートの最高学位であるマイスターシューラー号を取得した初めての日本人アーティストです。どんなものでも本に仕立てられる高度な製本技術とやわらかな感性によって織りなす独自のブックアート作品の数々は、これまでハーバード・ライブラリー、ドイツ国立図書館、うらわ美術館など国内外の美術館、図書館、アートギャラリーに収蔵されてきました。
2017年には日本に活動拠点を移し、ウィリアム・モリスにはじまる総合芸術としての本のあり方をさらに拡張しながら、「ブック」と「アート」をつなぐ前人未到の作品世界を追求しています。2020年の「ポーラ ミュージアム アネックス展2020-真正と発気-」展では、椅子やテーブル、フォークや鏡など、身の回りの家具に本が寄生するオブジェ作品群「Book Para-Site」を発表しました。「本」をアートの題材にする彫刻家や前衛芸術家が見落としてしまうような小口やミゾ、チリや花布、スピンやノンブルなど、書籍の細部に宿る本らしさに、太田泰友は「ブック」と「アート」が出会う結節点を見出し、作品を紡ぎます。

「太田泰友の標本室」と題された本展は、太田泰友が2017年の帰国以降、取り組みつづけているブックアートの可能性をまとめ、標本室のように総覧できる展覧会です。銀座 蔦屋書店という本の森の中で、本がサナギのように木の枝に身を寄せる「Pupal」シリーズをはじめ、「Book Para-Site」から派生した新作、そして過去の代表作品を展示・発表いたします。
本でありながら本ではない、そのあいまいなところを極めて美しい本に仕立てたブックアートの世界、本の異形、本の異体、本の標本をご覧ください。

特集ページ|https://store.tsite.jp/ginza/blog/art/25488-1225110318.html

・作品販売について

銀座 蔦屋書店店頭:2022年4月1日(金)10時半より販売開始いたします。
オンラインマーケットプレイス「OIL by 美術手帖」:2022年4月6日(水)10時30分より販売開始いたします。

https://oil.bijutsutecho.com/gallery/730

・プロフィール

太田泰友 / Yasutomo Ota
ブックアーティスト
OTAブックアート代表
FRAGILE BOOKS所属

【略歴】
1988年 山梨県出身
2011年 首都大学東京 システムデザイン学部 インダストリアルアートコース卒業
2013年 首都大学東京大学院 システムデザイン研究科 インダストリアルアート学域 博士前期課程修了
2015年 ブルグ・ギービヒェンシュタイン芸術大学 ブックアート科 研究課程修了
2017年 ブックアートの最高学位マイスターシューラー号取得
2017年 ブックアートの追究と発信の拠点となるアトリエ「OTAブックアート」設立
2022年 複合的ブックプロジェクトFRAGILE BOOKSに参加

【受賞歴】
2012年 Goethe-Institut 東京 特別奨励生
2012年 LOCUS DESIGN FORUM[書・築]展 入選
2013年 野村財団芸術文化助成
2014年 バイエルン美術工芸協会 国際若手美術工芸品賞 ファイナリスト(ドイツ)
2015年 Förderpreis für junge Buch-Gestaltung(ヤング・ブックデザイン奨励賞)ショートリスト(ドイツ)
2016年 平成28年度 ポーラ美術振興財団 在外研修助成(ドイツ)
2017年 Talente賞(ドイツ、ミュンヘン、国際手工芸フェア)
2018年 Brillia ART AWARD 2019 入選

【パブリックコレクション】
・メールマノ・ミュージアム / Museum Meermanno(オランダ、デン・ハーグ)
・うらわ美術館(日本、埼玉)
・ドイツ国立図書館(ドイツ、ライプツィヒ)
・The Center for Book Arts(アメリカ、ニューヨーク)
・グーテンベルク・ミュージアム(ドイツ、マインツ)
他多数

・展覧会詳細

「太田泰友の標本室」

期間|2022年4月1日(金)~4月22日(金)
時間|営業時間はHPをご覧ください。※最終日のみ17:00終了
会場|銀座 蔦屋書店 アートブックフロア 東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 6F
入場|無料
主催|銀座 蔦屋書店
協力|FRAGILE BOOKS
お問い合わせ|03-3575-7755(営業時間内)/info.ginza@ccc.co.jp
特集ページ|https://store.tsite.jp/ginza/blog/art/25488-1225110318.html

<関連展覧会情報>
「フラジャイル博覧会」
会期|2022年4月1日(金)~ 2022年4月30日(土)
会場|FRAGILE BOOKS online (http://www.fragile-books.com)

「Modernism Gallery Shop」
会期|2022年3月10日(木)~ 2022年4月10日(日)
会場|ATELIER MUJI GINZA(無印良品 銀座 6F)

・トークイベント

「太田泰友の標本室」開催記念トークイベントを4月3日(日)14時~に実施予定。
詳細は追って銀座 蔦屋書店HP、公式SNSよりご案内します。

PICK UP

CONTACT

CCCアートラボでは、各種お問い合わせ内容を受け付けております。