CCC ART LAB

【銀座 蔦屋書店】モチーフは「醤油鯛」。豪州発のインテリアライト「Light Soy」を数量限定で1月21日(金)〜オンラインストア予約受付開始

直営店舗

銀座 蔦屋書店(東京都 中央区 GINZA SIX 6F)は、豪州発のインテリアライト「Light Soy」を数量限定で販売します。ユニークなデザインと近年注目されているSDGs視点の発想によって制作された、日本初上陸のプロダクト。2022年1月21日(金)12時より、オンラインストアにて予約販売開始します。

概要

銀座 蔦屋書店では、世界中のデザイン性が高く面白い(良い)ものを仕入れて発信しています。
今回ご紹介するのは、日本初上陸、豪州発のインテリアライト「Light Soy」です。
日本ではお寿司やお弁当でお馴染みの「醤油鯛」がモチーフとなった、ユニークなデザインが目を引くライト。おやすみ前のリラックスタイムや読書時間をかわいらしく照らします。

 

「Light Soy」は、オーストラリアのシドニーを拠点とする2人のデザイナー、Angus WareとJeffrey Simpsonによるデザインスタジオ「Heliograf」が手掛けるプロダクトです。2020年にはオーストラリアのthe Good Design Awards 金賞を受賞しました。

 

USB充電式で持ち歩くことができ、ライトの明かりはタッチボタンで4段階の調光が可能です。
今回はこの「Light Soy」と、それにスタンド・充電ケーブルが付属され、プレミアムなパッケージに封入された特別版「Light Soy Luxe」もご用意いたしました。

 

また、本プロダクトは、SDGs発想で設計されているのもポイント。ライト1個の販売につき2kg相当の海洋プラスチック浄化につながります。パッケージも生分解性でプラスチックフリーの素材を使用し、可能な限り廃棄物が少なくなるようにデザインされており、ライトの魚部分にあたるシェードは、その75%がオーシャンバウンド・プラスチック(※)を再利用してつくられています。
モチーフとなった醤油鯛は、過剰な消費経済の象徴であるとともに、リデザインされることで「廃棄物が二度と廃棄物にならず、長く愛されるように」という思いも込められています。

 

※オーシャンバウンド・プラスチック:海に流れつく前、海に繋がる川の近くや海岸で拾われたプラスチックごみのこと。「Light Soy」には、東南アジアの廃棄物管理が不十分な地域で、海岸から50km以内に集められたオーシャンバウンド・プラスチックが使用されています。

 

特設ページ|https://store.tsite.jp/ginza/blog/stationery/24461-1446530119.html

 

販売について

販売場所|銀座 蔦屋書店オンラインストア:Yahoo!ショッピング/PayPayモール店
予約販売期間|2022年1⽉21⽇(⾦)12時〜1月31日(月)23時59分
お届け予定|2022年3月中旬以降、順次入荷・発送
特設ページ|https://store.tsite.jp/ginza/blog/stationery/24461-1446530119.html
※日程は変更する場合がございます
※お届け予定は、コロナウイルスの影響ならびに注文状況により変更となる場合がございます

 

<Light Soy>
価格|19,800円(税込)
サイズ|345×160×90mm
※本商品には充電ケーブルは付属しておりません。お手持ちのUSB-C充電器および充電ケーブルをご使用いただくか、別途お求めください
※リサイクル素材を使用しているため、外観上の小さな傷や汚れのようなものがある場合があります
※ほか商品詳細は特設ページをご覧ください

 

<Light Soy Luxe>
価格|24,200円(税込)
サイズ|345×160×90mm(ライト本体)、180mm ø x 20mm(スタンド)
※リサイクル素材を使用しているため、外観上の小さな傷や汚れのようなものがある場合があります
※ほか商品詳細は特設ページをご覧ください
 

PICK UP

CONTACT

CCCアートラボでは、各種お問い合わせ内容を受け付けております。