CCC ART LAB

​【銀座 蔦屋書店】「色彩を楽しむ」をテーマにしたガラスペンやインクが揃う「煌めきのペンフェアー2021秋編ー」を10月1日(金)より開催。

直営店舗

銀座 蔦屋書店(東京都 中央区 GINZA SIX 6F)では、「煌めきのペンフェアー2021秋編ー」を開催いたします。今回は、「色彩を楽しむ」をテーマに、書くことがますます楽しくなるような筆記具たちが集結。さらに、自分だけのオリジナルインクを制作する2つのワークショップも開催いたします。職人の技光る色彩豊かなガラスペンやインクをお楽しみください。フェア期間は2021年10月1日(金)〜10月31日(日)。

・「煌めきのペンフェアー2021秋編ー」概要

2019年の初開催より大好評をいただき、今回で6回目を迎える銀座 蔦屋書店の「煌めきのペンフェア」。
2021年秋編は「色彩を楽しむ」をテーマに、書くことがますます楽しくなるような筆記具たちを取り揃えました。
作家・ブランドごとに異なる見た目や使用感、背景によって色が変化するものやモダンで可愛いデザインなど、個性豊かなガラスペン、万年筆のラインナップをそろえました。

さらに、好きな色を調合して自分だけのオリジナルインクを作るワークショップを2講座開催いたします。「TAG STATIONERY」商品企画マネージャーの森内孝一さん、インクアドバイザー・文具ライターの武田健さんを講師にお迎えし、それぞれ異なるコンセプトでインクの調合を体験いただけます。色彩の誕生や変化を、ぜひお楽しみください。

・ガラスペンラインナップ紹介

秋の日差しに輝く、豊かな色彩を楽しむガラスペン

・helico

一番上が〈Milky Pink Leaf〉。下段右端が〈Autumn Evening〉

香川発の筆記具ブランド「helico」からは、“シュクルガラスペン”と万年筆をご紹介します。
「シュクル」はフランス語で「砂糖」を意味し、キャンディーのようにポップな色彩や、美しいグラデーションカラーなど、心ときめく軸の柄や色のデザインが魅力です。
〈Milky Pink Leaf〉 は透明の軸にピンクとクリーム色の柄を閉じこめた、文字を書く時間そのものが華やかになるような鮮やかなデザインです。
〈Autumn Evening〉(秋の宵)は、深まりゆく秋の夜空を染める紅葉の情景を思わせる、深い青と赤が混ざり合うマーブル模様。ずっと見ていたくなるような、心が落ち着くデザインです。

 

・川西硝子

川西硝子」のガラスペンと特典(数量限定)のペン休め

「川西硝子」は、ホウケイ酸ガラス(Borosilicate glass)と酸素バーナーを使用することにより、非常に高い透明度を実現したガラス細工が特徴。職人のこだわりがつまったペン先は、ガラスで書いていることを忘れてしまうようなスムーズでやわらかな書き心地。ぜひ店頭で体感してみてください。
また、「川西硝子」のガラスペンをご購入の方には、数量限定でペン休めをプレゼントいたします。

初参加作家・ブランドの作品も充実

本フェアでは、当店でのお取扱いが初となる4つの作家・ブランドに参加いただきます。

・ガラス工房aun
作家・江田明裕が制作したガラスアクセサリーやガラスペンを手掛ける、岡山県倉敷市を拠点とする工房。今回はレース(うつろい)シリーズを中心に展開する予定です。※10月23日(土)より店頭展開予定です

・色華硝子
透明度の高いクリアな首軸と、可愛らしく個性的な柄が施された同軸の組み合わせが特徴。外国から仕入れているガラス素材を使用しており、際立つ透け感が魅力です。今回は動物柄やマーブル状の柄の作品を展開しています。

・HASE硝子工房
ガラス作家・長谷川尚宏が手掛ける作品。なめらかで心地よい書き味が特徴。※10月23日(土)より店頭展開予定です

・大鎌章弘
ガラス細工を中心に手掛けており、神秘的な光を放つネオンカラーのデザインが人気。今回は角度によって虹色に見える作品をご紹介します。
 

【ガラスペン販売情報詳細】
場所|​銀座 蔦屋書店 文具売場
日程|10月1日(金)より販売開始
取り扱いブランド|色華硝子/大鎌章弘/ガラス工房aun/川西硝子/Glass Studio Toos/TAG STATIONERY/HASE硝子工房/helico(50音順)
※「ガラス工房aun」「Glass Studio Toos」「HASE硝子工房」は、10月23日(土)より店頭展開予定。販売方法などの詳細は「銀座 蔦屋書店 文具ツイッター(@GT_stationery)」にて告知します。
※商品は無くなり次第終了となります。

・インクラインナップ紹介

「色を楽しむ」インク

・タスマニアのインクブランド「Van Dieman’s Ink」
環境への配慮と、オーストラリア・タスマニアの自然からインスピレーションを得て高品質のインクを制作する「Van Dieman’s Ink」からは、今回は「The Wilderness Series(荒野シリーズ)」と「Underwater Series(海中シリーズ)」の一部を販売。雄⼤なオーストラリアの荒野や海を⾊鮮やかなインクで表現しています。⾊の濃淡や、⾒る⾓度によって⾊味の変化を楽しむことが出来る魅⼒的なインクが多いことが特徴です。

・BEFORE BREAKFAST×TAG STATIONERY共同企画 “お茶”がテーマのコラボインク
京都の文具店が前身の文具・雑貨メーカー「TAG STATIONERY」と、ロンドンのハンドメイド文具ブランドが「BEFORE BREAKFAST」コラボレーション。京都は宇治など日本伝統の緑茶の産地や文化が色濃く残っています。ロンドンにはロイヤルミルクティーやイングリッシュブレックファーストに代表される、多様な紅茶文化が存在します。そんなふたつの都市に共通する「お茶」をテーマに、それぞれの5つのお茶を表現した2つのインクセットをご用意しました。

・「Ferris Wheel Press」<Lady Rose in Gold>再入荷

今年7月の販売の際には、予約終了日を前に予定数に達し完売した、カナダのブランド「Ferris Wheel Press」の2021年限定色<Lady Rose in Gold>を再入荷いたしました。
 

 

【インク販売情報詳細】
場所|​銀座 蔦屋書店 文具売場
日程|10月1日(金)より販売開始
取り扱いブランド|Ferris Wheel Press/TAG STATIONERY/Van Dieman’s Inks/武⽥健プロデュースインク/ラルティザンパストリエ
※「Van Dieman’s Inks」は、10月中旬より店頭展開予定。
※商品は無くなり次第終了となります。

・ワークショップ(2講座)

①『オリジナルインクブレンドワークショップ』 by TAG STATIONERY(全7回)
京都の文具店が前身の文具・雑貨メーカー「TAG STATIONERY」が考案する、京都の染色文化から生まれた独自の方法で、自分だけの色を調合するワークショップです。講師は「TAG STATIONERY」商品企画マネージャーの森内孝一氏をお迎えいたします。
初めての方でも混色の基礎を楽しみながら、世界にひとつだけのオリジナルインクを作ることができます。制作したインクはお持ち帰りいただき、ご自身の万年筆やガラスペンでぜひお楽しみください。

【イベント詳細】
日程|全7回
10月1日(金)17:00〜18:30
10月2日(土)①11:00〜12:30 ②14:30〜16:00 ③18:00〜19:30
10月3日(日)①11:00〜12:30 ②14:30〜16:00 ③18:00〜19:30

料金|3,850円(税込)
参加人数|1回につき3名まで
お申込み|店頭もしくはお電話(03-3575-7755)でお申込みください。※先着順
参加特典|ご自身で調合したインク(約15ml)

 

 

②「ラルティザン パストリエ」カリフォリオインク調合体験会 by 武田健(全8回)

文具ライター・武田健さん指導による、混色可能な「ラルティザンパストリエ」の<カリフォリオインク>(全37色)を利用してオリジナルインクを作るイベントです。

武田さんの新刊和の色を楽しむ 万年筆のインク事典について紹介するコーナーもございます。
また、フェア期間中に、武田さん企画のオリジナルインク・紙雑貨を店頭で展開いたします。

【イベント詳細】
日程|全6回
10月8日(金)①10:30〜12:00 ②14:00〜16:00
10月9日(土)①10:30〜12:00 ②14:00〜16:00
10月10日(日)①10:30〜12:00 ②14:00〜16:00
料金|サイン本付き参加券6,380円(税込)
参加人数|1回につき3名まで
お申込み|店頭もしくはお電話(03-3575-7755)でお申込みください。 ※先着順
参加特典|参加特典|ご自身で調合したインク(約10ml)

各ワークショップの詳細や最新のお申込み状況については、「銀座 蔦屋書店 文具ツイッター(@GT_stationery)」にて告知しております。そちらで詳細をご確認ください。

PICK UP

CONTACT

CCCアートラボでは、各種お問い合わせ内容を受け付けております。