CCC ART LAB

【銀座 蔦屋書店】新鋭の若手作家 岡田佑里奈、神農理恵、スピリアールト・クララ、山田康平による展覧会「RISING STARS展」を10月2日(土)から開催。

直営店舗

銀座 蔦屋書店(東京都中央区GINZA SIX6F)は、新進気鋭の若手芸術家を紹介する企画展「RISING STARS展」を10月2日(土)~10月13日(水)の期間にGINZA ATRIUMにて開催いたします。

・概要

このたび、銀座 蔦屋書店では「RISING STARS展」を開催いたします。
これまで銀座 蔦屋書店では、「アートのある暮らしの提案」をコンセプトとして掲げ、世界で活躍するトップアーティストによる展覧会を多数開催してきました。
その一方で、「Up_01」「ブレイク前夜展」「エマージング・アーティスト展」など、今後の活躍が期待される若手作家に注目し、既存の枠にとらわれない新進気鋭の作家を紹介する展覧会にも注力してきました。
本展「RISING STARS展」では、絵画・写真・立体など、異なる表現方法を用いた多様な作品が一堂に会し、加熱するアートシーンの未来を担う若手作家の最新作を展示いたします。
出展作家は、岡田佑里奈、神農理恵、スピリアールト・クララ、山田康平の総勢4名。

岡田佑里奈は、絵画と写真を組み合わせた表現方法を考案。モデリングペーストに転写した写真の表面をひび割れをさせることによって偶然性を生み出し、写真に対して新たなアプローチを試みます。

神農理恵は、クレヨン、ガムテープ、道で拾った石、ブロックなど、様々な物体を実際に眺めたり触ったりすることで、形状・触感・色彩を理解し、硬質な素材と淡い色合いの組み合わせが特徴的な立体作品を制作。

スピリアールト・クララは、異なる文化・歴史の中で人間が築いてきた自然界・動植物との関係を表す欲求へ強い関心を持ち、そこに自らの感覚を加えて新しいシンボルを生み出すことを動機に作品を制作。主にベルギーを拠点に活動しており、日本での作品展示は「CAF賞2020」以来二度目となります。

山田康平は「刷毛でグラデーションを作る」「刷毛で重ね合わせて面を作る」「線で輪郭を作る」という3つのパターンを組み合わせて作品を制作。言葉では表せないような「見えない力」、またそのようなものを、作品にさらに取り込むことを目指しています。

アートシーンにおいて大きな飛躍を見せる、若手作家4名の新しい表現の世界をぜひご覧ください。

特設サイト|https://store.tsite.jp/ginza/blog/art/22303-1503060914.html

・アーティストステイトメント

​岡田 佑里奈

この作品はコントロールの仕切れない一回性と偶然性により成り立っている。
それは真の新たな見え方を表現したものだ。
マテリアルに転写しクラックさす事により写っているものに動きを与える。
写真との関係性に手を加える事により写真と自分を繋げる一つの手段だ。
これは自分自身の挑戦でもあり写真に対して新たなアプローチである。

岡田佑里奈 RED 01. 2021 H1167×W910×D50mm パネル、モデリングペースト、写真岡田佑里奈 RED 01. 2021 H1167×W910×D50mm パネル、モデリングペースト、写真

 

 

神農 理恵

制作は「あそぶ」ことであり、「あそぶ」ことをどこで止めるか見定めることである。
いつも手探りな状態で居ることを保ち、「新たな良さ」を制作途中に見出して手を止めた瞬間に作品が完成する。
それはまるで自分ではなくて作品そのものに意志が宿っていると感じる瞬間の時である。
私にとって制作は良さをアップデートしていく行為である。
良さに行き着くまでのあそびをありのまま可視化することが出来るのが私の作品である。

 

神農理恵 block on block #6 2021 230×250×100mm コンクリートブロック、クレヨン、ワックス

神農理恵 block on block #6 2021 230×250×100mm コンクリートブロック、クレヨン、ワックス

 

スピリアールト・クララ

中世修道女が創り上げた「閉ざされた園」と、いけばなの世界を融合させた精密画シリーズから、一連の陶芸作品が生まれた。壺はふくらみ、母性と植物の繁殖力が重なり合う。最新作では結婚式の鳩を通して、人間の手と自然の関わり、シンボルとしての動植物という一貫した制作テーマを探る。

スピリアールト・クララ Ikebana Collection 2018 100x155mm(額装なし) 画仙紙に乾燥した植物、アクリル絵具、血液

スピリアールト・クララ Ikebana Collection 2018 100x155mm(額装なし) 画仙紙に乾燥した植物、アクリル絵具、血液

 

山田 康平

私は絵を描く時に、オイルを画面にたっぷりと垂らしてから筆を動かし始める。
そうすることで、画面の中ではノイズを保ちながら、絵の具が滲み、垂れ、混ざることで様々な記憶、記号が湧き上がってくる。
四角い画面の中で絵にするために、形になるものとならないものの行き来を画面の中で行っている。

山田康平 Untitled 2021 727×606mm キャンバスに油彩

山田康平 Untitled 2021 727×606mm キャンバスに油彩

・アーティストプロフィール

岡田佑里奈(おかだ・ゆりな)
1995年兵庫県生まれ。2018年京都造形芸術大学卒業。2020年京都造形芸術大学修士課程修了。
<近年のおもな展覧会歴>
【個展】
2021「Walk in a dream」(ARTDYNE、東京)
2019「YURINA OKADA PHOTO EXHIBITION」 (POWDER PLANT、京都)
【グループ展】
2020「燦三と照りつける太陽で、あっさ加わり体調を崩しがちな季節ですが、規則正しく健やか奈日々をお過ごしください。展」(西武渋谷店 美術画廊、東京)
2019「The Art of Color DIOR 2019」 (フランス・アルル)
2018「ART AWARD MARUNOUCHI 2018」 (行幸地下ギャラリー、東京)
<受賞歴>
2019 The Art of Color DIOR 2019 入選
2018 ART AWARD MARUNOUCHI 2018 後藤繁雄賞受賞
2018 京都造形芸術大学卒業制作展 奨励賞受賞
2017 TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD#7 後藤繁雄賞受賞

 

神農理恵(しんのう・りえ)
1994年三重県生まれ。2015年名古屋学芸大学メディア造形学部ファッション造形学科中途退学。2018年名古屋造形大学造形学部造形学科美術専攻コンテンポラリーアートコース卒業。2020年武蔵野美術大学院造形研究科修士課程美術専攻彫刻コース卒業。
<近年のおもな展覧会歴>
【個展】
2019「a fresh pleasant, feeling」(東京造形大学 オルタナティブスペースmime、東京)
【グループ展】
2019「ゆくりか/See Saw」(gallery+hibit、愛知)
2019「カンガルーが走れば」(府中市美術館 市民ギャラリー、東京)
2019「群馬青年ビエンナーレ2019」(群馬県立近代美術館)
2017「みのかも annual 2017 On location」(美濃加茂 文化の森、岐阜)
<受賞歴>
2020 CAF賞2020 名和晃平 審査員賞
2019 群馬青年ビエンナーレ2019 入賞

 

スピリアールト・クララ
1993年 東京都生まれ。 2009年Academie Kunsthumaniora Brugge ファインアーツ科(ブルージュ、ベルギー)へ留学、2011年同学科卒業。2014年LUCA School of Arts ファインアーツ版画ドローイング科(ゲント、ベルギー)卒業。2015年LUCA School of Arts ファインアーツ視覚芸術科修了。2021年LUCA School of Arts ファインアーツガラス陶芸科卒業。
<近年のおもな展覧会歴>
【個人展】
2022 展示会名称未定(ピラミデビルF4、東京)
【グループ展】
2021 「Beauty and the Beast」(S.E.A.S, CC Scharpoord、クノック ヘイスト、ベルギー)
2021 「Publiek Park」(Vrienden v/h S.M.A.K、ゲント、ベルギー)
2020 「CAF賞2020」(代官⼭ヒルサイドテラス・ヒルサイドフォーラム、東京)
2020 「Condition Report」(Vandenhove Centre for Architecture and Art、ゲント、ベルギー)
2019 「Moving Word」(Art Cinema OFFoff、ゲント、ベルギー)
2018 「MUREN」(950 jaar Geraardsbergen、ヘラールツベルヘン、ベルギー)
<受賞歴>
2020 CAF賞2020 最優秀賞
<映像作品収蔵>
2015 ARGOS Centre for Art and Media(ブリュッセル、ベルギー)

 

山田康平(やまだ・こうへい)
1997年大阪府生まれ。2020年武蔵野美術大学油絵学科油絵専攻卒業。京都芸術大学修士課程芸術研究科芸術専攻在籍。
<近年のおもな展覧会歴>
【個展】
2021「road」(代官山ヒルサイドテラス アネックスA、東京)
2020「のぼり、おりる」(ギャラリー美の舎、東京)
【グループ展】
2021「⿁頭健吾(京都芸術大学)×薄久保香(東京藝術大学)推薦作家展」(渋谷西武オルタナティブスペース)
2021「Opening Exhibition」(biscuit gallery、東京)
2021「ARTIST‘S FAIR KYOTO 2021」(京都文化博物館)
2021「Up_01」(銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUM)
2020「CAF賞2020」(代官山ヒルサイドテラス・ヒルサイドフォーラム)
2020「FACE2020 損保ジャパン日本興亜美術賞展」(東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館、東京)
<受賞歴>
2020 CAF賞2020 入選
2020 FACE2020損保ジャパン日本興亜美術賞展 入選
2019 学生選抜展 奨励賞
2019 kaya art competition 入選
2017 日本表現派展 準同人賞
 

・作品販売について

銀座 蔦屋書店店頭・アートのオンラインマーケットプレイス「OIL by 美術手帖」にて、10月2日(土)より販売いたします。
※オンラインストアは10月2日(土)12時〜販売開始。
特設サイト|https://store.tsite.jp/ginza/blog/art/22303-1503060914.html

・展覧会詳細

RISING STARS展

期間|2021年10月2日(土)~10月13日(水)
会場|銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUM(イベントスペース)
入場|無料
主催|銀座 蔦屋書店
お問い合わせ|03-3575-7755(営業時間内)/info.ginza@ccc.co.jp
特設サイト|https://store.tsite.jp/ginza/blog/art/22303-1503060914.html
※今後の国・地方自治体から休業要請内容の変更等があった場合、それに準じて本展覧会の期間なども変更になる可能性がございます。変更がある場合は、銀座 蔦屋書店のHP、公式SNSなどにてお知らせいたしますので、あらかじめご了承ください。

PICK UP

CONTACT

CCCアートラボでは、各種お問い合わせ内容を受け付けております。